2011年09月30日

天高く馬肥ゆる

 今年の夏は暑かったり寒かったり、天候が荒れまくって大変だった。先日の台風も過ぎ去り、いよいよ秋の到来。生すじこを見て夏の終わりを感じ、栗や梨を見て秋を思う。結局、食べることと直結してるんかいっ!って言わないで(笑)

 これからリンゴが美味しい季節になる。去年は青森の友人に頼んで送ってもらったっけ。今年もお願いしようかなぁ・・・昔からネトゲしてきたおかげ?か各地に友達がいっぱいいる。別の友人にはイチゴを送ってもらったりするし、ホントにいい思いさせてもらってるなぁ〜みんな、ありがと!

 近所で買うリンゴは、友人が送ってくれるものほど美味しいものにはなかなか出会えないが、お菓子に使うには問題ない。安くなってたのでいっぱい買って、今年初のタルトタタンを作った。最終的に底になる生地を、今までよりも固めのタルト生地に近いものにしたけど大丈夫かしら?

タルトタタン 水分が少し残りすぎたか?やや崩れ気味(;^_^Aしかも出来を確認するために早々にひっくり返して切ったもんだから写真撮り忘れた(゚Д゚)見た目がイマイチな出来になってしまい珍しく凹んだ・・・ぷーさんに泣きついたら「冷ましてから取り出せばよかったんじゃない?」と冷静に言われる。そうだった!荒熱取れてからひっくり返さないと崩れるんだった!むむむ・・・不安のあまり先走ってしまった(>_<)それにちょっと熱々を味見したかった(かぼちゃプリンのときも言った気が・・・)んだよなぁ〜(笑)

 ちゃんと冷ましてから切ったら問題なかった。固めの生地も悪くない。熱々のときは甘さが強く感じられる味も、冷ますと落ち着いていい感じ。そっか、あそこでテンパってひっくり返さなかったらオールOKだったんじゃん。ここ数年は毎年のように作ってるのに、1年経つとそんな基本的なことを忘れてしまうなんてダメダメだわ(;^_^A
posted by しのか at 00:39| Comment(0) | ティー&デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

心が震える 〜広島/原爆ドーム編A〜

原爆ドーム ホテルをチェックアウトして広電に乗り、原爆ドーム前駅で降りる。初めてみるその姿は、想像よりも遥かに小さく感じた。崩れた煉瓦、歪に曲がった鉄骨。ほんの数十年前、ここは廃墟にさせられたのか。川を挟んで相生橋の向こう側に曾祖父母がいたのだ。胸が苦しくなった。

 鎮魂の鐘を鳴らして心を落ち着かせ、資料館へ向かう。どの資料も悲しみに溢れていた。今まで積極的に関わることをしなかったが、今回ここへ足を運んだことで、何か胸のつかえが取れた気がした。来てよかった。

 全予定が終了し、東京へ戻る飛行機の便は15時。日本列島は台風の直撃を受けており、飛行機の運航状況を逐一確認しながら行動する。関東直撃とのことで、時間を追うごとに欠航になっていく。しかし私達が乗る便は欠航にはなっていなかったため、とりあえず広島空港に向かうしかない。

 1本前の便は飛んだそうだ。そして私達の番、いつまで経っても機内に案内されない。離陸時間未定のアナウンスが流れる。羽田空港が20時まで離着陸の制限を行うことになったとのこと。その状況でも欠航とは決めないANAには惚れる(笑)北海道時代もJALは雪が降るとすぐ飛ばなくなったが、ANAはかなりギリギリまで飛んでくれたものだ。

 本を読んだり、スマホでネットしたり、うとうとしたり。夕食は空港で広島風つけ麺食べ、定刻の約4時間後に飛行機は無事離陸した。飛行機の窓から見る東京の明かりは美しかった。空港バスで近くまで帰ったため気付かなかったが、在来線はずっと止まっていて帰宅難民ができていたそうだ。私達が電車に乗る頃には動き始めていたが、ものすごい混雑は続いていた。

 やっとの思いで家に辿り着き、荷解きをして、お風呂に入り、泥のように眠った。やっぱり自宅は落ち着くわ。

相生橋を渡って 資料館にあった周辺模型
posted by しのか at 08:32| Comment(0) | 遊び・旅行・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

私の原点 〜広島/原爆ドーム編@〜

原爆ドーム 旅行最終日、どうしても行きたいところがあった。広島の原爆ドームだ。私の曾祖父母は広島の原爆で亡くなった。家が原爆ドームの川向かいにあったのだ。子供の頃に何度か広島を訪れたことはあったが、ちゃんと見学したこはなかった。特別避けていたわけではないが、いつか行かなければと思いながらこの年になってしまった。

 行く直前まで、それほど重くは考えていなかった。両親には旅行に行くことだけ知らせ、祖母には何も伝えずに行った。でも帰宅してから双方へ電話をした。原爆ドームに行ったこと、何を見て何を感じたかを伝えたら喜んでくれた。行く前にちゃんと話を聞いてから行けばよかったなと少し後悔している。

 私の母方の祖父母は両方とも広島出身だ。祖母の実家は田舎にあり、祖父の実家は広島市内(本川町?猫屋町?辺り)にあったそうだ。戻ってから住所を聞いたので、現地では位置を確認できなかったのが悔やまれる。当時、祖母は市内に住んでいたが、私の母を身ごもったため産み月よりもかなり前に田舎に疎開していたそうだ。そして原爆が投下され、嫁ぎ先の家と義理の両親(私にとっての曾祖父母)を失った。

 曾祖父母は祖母をとても可愛がっていて片時も傍から離したがらなかったが、祖母の両親が毎日のようにご機嫌伺いをしてくる様子を見て疎開させることを決意したそうだ。そのときの曾祖父母の決断がなければ、私の祖母はもちろん、私の母、私自身もこの世に生まれることはなかった。
posted by しのか at 00:58| Comment(0) | 遊び・旅行・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

恐れ入りました!

 広島旅行の最終日を書く前に、連休の最後にしたことの話。秋と言えば栗が美味しい季節。友人Tのお父上が毎年、丹波栗の渋皮煮を作られていて、お相伴に与ったことがある。お願いして分けてもらったこもあるのだが、柔らかい栗にしみ込んだふわりとした甘みが絶妙の美味しさなのだ。わざわざ丹波まで大きい栗を買いに行き作っておられるそうだ。先日その渋皮煮の話が出て、いつもTパパにお願いするのは気が引けるから自分で作ってみたよと友人K。そっか、自分で作ってみればいいんだ!と早速私もやる気になる。

引き上げた栗 東京に戻ってから栗を購入。連休の後半にじっくり取り組もうと意気込みはよかったのだが、いざ作り始めるとこれが実に大変な作業なのだ。まず渋皮を傷つけないように鬼皮を剥くのが苦行(;^_^Aもちろん水に一晩つけてから作業開始したが、固いし包丁は滑りやすいし1kgも買わなきゃよかった・・・と早くも後悔し始める。Tパパすごいわ。剥いているうちに少しはコツが掴めてきたが、やっぱり大変だし面倒だ。でも美味しい渋皮煮に辿り着くために試練(>_<)

 剥き終わってから重曹で煮る、洗う、また煮る、洗う、またまた煮る、洗う・・・大きめの栗だったので4回ほどこの工程を繰り返した。1回煮る時間は20分程度なんだけど、回数こなすと時間かかるね。栗が乾燥してはいけないので手早くしないといけないし、何だかんだで3時間くらい台所に立ちっぱなしで疲れちゃった。うぅ・・・挫折しそう・・・これでやっと灰汁抜き作業が終了して、次はシロップで煮ること1時間。このシロップの糖度を調節することで、保存期間も変わるようだ。この段階まで到達して1日目終了。

煮詰めたシロップと 翌日、現実逃避してなかなか作業に取り掛かろうとしない私(笑)鍋を見るたびに憂鬱な気分に・・・でもあと少しなんだからやらなければ!気持ちを奮い立たせて、いざ!台所へゆかん!一晩寝かせた栗を引き上げ、シロップを漉してから煮詰める。煮詰めたらまた栗を戻すのか・・・ε-(ーдー)それと並行して瓶の煮沸を始める。これよ!これが面倒でやりたくなかったのよ!!おっちょこちょいの私はすぐに火傷するから、いつもは焼酎で消毒してる。でも今回は長期保存をする予定なので、さすがにしっかり煮沸して真空保管しないと。

 淡々と作業をこなして、ラム酒入りとなしの2種類に仕上げて瓶の中へ。冷ました後、ちゃんと瓶の蓋がペコっと凹んでて安心した。瓶にラベルをつける前に写真とっちゃったけど、思ったより1kgって量あるね。出来上がりの味は、Tパパの渋皮煮には及ばないけど初めてにしてはまぁまぁって感じ。2回目があるかどうか分からないけど、要領はつかめたから次はもう少し上手に作れそう。ただぷーさんウケがイマイチ良くないガ━━(゚Д゚;)━━ン!甘露煮に比べると渋皮煮は甘さ控えめだからか?う〜む・・・そのまま食べるよりもモンブランにした方が喜んでもらえそうなので、気力が回復したら頑張ってみよう。今は達成感と言うよりは、抜け殻なので(笑)

完成!ラベルなし 渋皮煮のおやつデビュー!
posted by しのか at 11:10| Comment(0) | ティー&デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

満ち満ちて 〜宮島編A〜

五重塔 満潮まで時間があるため、五重塔と千畳閣へ行く。靴を脱いで千畳閣に上がり、涼しい風に吹かれながら眼下に広がる景色を堪能する。あまりに気持ち良くて昼寝してしまいそうだった。

 小腹が空いてきたので表参道商店街へ戻り、ふわ〜っと甘い匂いの漂う揚げもみじまんじゅうを食べる。味はチーズ、あんこ、クリームの三種。チーズはクリームタイプのものでなく、プロセスチーズが入っている。実は前日も食べてたり(笑)今回はぷーさんがチーズで私はクリームをチョイス。やっぱりチーズが好きだわ。帰りにもう1回食べに来ようか?なんて冗談を言いながら、満潮近くになった厳島神社へ。

 もうじき満潮おお〜ひたひたになってる!砂浜は波に覆われ、回廊も大鳥居もすっかり水に浸かっている。さっき清盛神社まで歩いた砂浜も海の中だ。水面に映る朱色の回廊の美しいこと!何度目かの「来てよかった」が出る。

 暗くなるまで時間があるので、紅葉谷公園まで歩く。まだ緑の葉ばかりだが十分美しく、紅葉の季節になればさぞ見応えがありだろう。岩惣と言う格式高い旅館が溶け込み、更に味わい深い。いつか泊りに来たいねと言いながら、ロープウェイ乗り場へ。

ロープウェイからの景色 ロープウェイは2段階になっていて、途中で乗り換えて山頂を目指す。小雨のせいもあってか山頂はかなり肌寒かったが、宮島と対岸を一望できて大満足。天候がよくて準備していれば下りはロープウェイではなく、弥山本堂経由の登山道を降りるのも楽しいだろう。それは次回にでも。下りながら撮った写真を見るとかなり高く感じるが、標高430mだそうだ。

 と・・・ここまで打ったところで、原稿が消えてしまった!(/>_<)/調子よく打ってたもんだから、うっかり保存し忘れてた・・・くぅ〜〜萎えるぅ〜〜気を取り直して打ち直したけど、最初と内容が違う気がする。しゃーないか(;^_^A

 再び下界に降り立つ。てくてくフェリー乗り場へ向かう途中、やっぱり立ち止まった!そう、揚げもみじ(笑)なんだろう、ハマる味?二人してチーズを食べて、更にあんこ1本分けっこした。これから広島焼き食べに行くのに食べすぎだよ(>_<)

 名残惜しみながらフェリーに乗り込み宮島を後にする。前日は気付かずにJRを利用したけど、広電の宮島口駅を発見。新天地付近で広島焼きを食べる予定だったので迷わず広電に乗る。JRよりも時間はかかるけど、市内に入ってからは路面電車になって懐かしい気分が味わえた。大阪にも函館にも路面電車があったからね。

 本日の〆は広島焼き。一番行きやすいのでお好み村の「八昌」に行ったけど、麺も豚肉もカリッと焼けててとても美味しかった。私があえて「広島焼き」と言うのは、大阪人の私にとっての「お好み焼き」はやっぱり大阪スタイルだから。そこは絶対に譲れない!広島焼きは広島焼き、お好み焼きはお好み焼き。いっぱい食べていっぱい見て、広島を丸ごと満喫したー!

水面に映る 魅惑の揚げもみじまんじゅう 広島焼き
posted by しのか at 17:26| Comment(0) | 遊び・旅行・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

アイキャッチ的な話

 旅行の話ばかりが続くと詰まらないので別の話題でも。旅行に行く前の話だが、久しぶりにバッサリ髪を切った。肩につく長さまでは何度も切っているけど、それよりも短くしたのは3年ぶりくらい。髪を洗うのも乾かすのもすっごい楽♪やっぱり短いのはいいわぁ〜

 昔から躊躇することなくバッサリ切ってきたが、10cm切ろうとしても必ず美容師さんは「本当に切るんですか?」と聞いてくる。それほど女性は髪を切ることに躊躇いがあるのか?どうにも私には理解できない。

 また、バッサリ切った姿を見ると必ず同僚や知り合いが「どうしたの?何かあったの?」と聞いてくる。どうやら髪を切るのに理由が必要らしい。これも全く理解できない。

 「切ってください」と言っているのに「切っていいんですか?」との質問も、ただ切りたかっただけなのに失恋や他の理由を求める声も、全くもって無駄なことだ。過去に腰までの長さからショートにしたときも、一瞬の迷いもなかった。切りたいから切る!それだけだ。

 お気に入りのリボンやヘアアクセサリを見つけたとか、まとめ髪を楽しみたいとか、ふわふわクルクルの巻き髪を楽しみたいとか、そんな気分で髪を伸ばす。髪を洗って乾かすときに楽したいとか、短くて軽いと肩が凝らないとか、外ハネくしゅくしゅのスタイルを楽しみたいとか、そんな気分で髪を切る。伸ばすのも切るのも気分次第なのだ。

 私が唯一悩むとしたら前髪か・・・伸びにくい上に中途半端な長さだと鬱陶しくて切りたくなる曲者。年齢と共に前髪の作り方を変えないと向き不向きもある。前髪を厚めにとってパッツンな感じにしてみたいと思うけど、どう考えても私の顔には似合わないだろうなぁ・・・今回は前髪は長いまま後ろを20cmカット。ふぅ〜軽くて最高!
posted by しのか at 02:13| Comment(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

孤高にして気高き姿 〜宮島編@〜

 広島で迎える朝。早朝の干潮に合わせて起きれるはずもなく(;^_^A20日は3連休に挟まれた平日なので仕事の人も多く、ホテルの朝食でもビジネスマンっぽい人がチラホラ見られた。連泊なのでチェックアウトの必要もないため、早速JRに乗って宮島口駅へ向かう。

(左)穴子飯(右)野生の鹿 駅前の「うえの」でお目当ての穴子飯を食べる。身がプリっとしてて歯ごたえがあって、柔らかい穴子とはまた違う美味しさだった。朝食からあまり時間が経っていなかったが、二人共ぺろりと平らげた。食べた分を消費しないといけないので、すぐにフェリーに乗って宮島へ渡る。

 空は曇っているものの雨は降っておらず出足は快調!野生の鹿にお出迎えされて、まずは厳島神社へ。干潮8時頃、満潮14時頃で、到着したのは11時。干潮の名残のある神社は、砂浜がかなり露呈していた。夜の雨の中で見た景色とはまた異なり、水と空と緑と朱のコントラストの美しいこと!本当に来てよかった。

厳島神社 ちょうど挙式が行われていたけど、世界遺産で挙式なんてできるんだね。白無垢姿が綺麗だったなぁ〜白無垢着てみたいなぁ・・・憧れる(*´ェ`*)回廊を歩いて手水に行くと、なんとカニさん発見!(笑)やっぱりここは海なんだ。ぷーさんが面白がって水滴かけたら、すごい勢いでカニさん逃げちゃった。写真撮ろうと思ったのにぃ〜(>_<)隠れてるカニさん向けてシャッター切ったもののピントがぼやけてる・・・黒っぽいから分かりにくいや。

 大鳥居までは行けないけど、まだ砂浜が見えているところを歩いてみる。どんどん潮が満ちてきているのがよく分かる。数時間後には今歩いているところは海の中だ。足元に迫る波を見ながらテクテク歩くうちに、清盛神社に辿り着いてしまった。

回廊 干潮の名残 満ち潮へ

(左)手水のカニ(右)寄せる波 かなり歩いた
posted by しのか at 00:02| Comment(0) | 遊び・旅行・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

天空の白鷺 〜明石・姫路・広島編〜

 前日の夜更かしてお寝坊したため、KOYAMAに行く予定はキャンセル。行けなかったのは残念だけど、行くとお菓子いっぱい買っちゃうから、出費を抑えられてよかったってことにしておこう(笑)

玉子焼き(明石焼き) 明石焼きを食べに活気のある魚の棚へ出かける。明石焼きは地元では玉子焼きと言われていて、ふわふわのたこ焼きをあっさり出汁に三つ葉を浮かべて食べる。これが美味しいんだぁ〜(*´ェ`*)ソースでしっかり味のたこ焼きも美味しいけど、私は明石焼きの方が好きなの。友人お勧めのお店は残念ながら定休日だったので、魚の棚にあるお店を適当にチョイスして入る。

 そこのお店には出汁だけではなく抹茶塩もあった。食べ方は、1.出汁のみ 2.出汁に三つ葉 3.抹茶塩のみ 4.出汁に抹茶塩 の4種類だそう。私はやっぱり出汁+三つ葉が好き。抹茶塩は美味しいけど、塩の味が強すぎてね・・・

姫路城(覆われた外観) 玉子焼きランチ後、友人の運転で姫路へ向かう。白鷺城と呼ばれ世界遺産としても有名な姫路城は現在、天守閣を修復中だ。大阪から姫路はそれほど遠くないので車で何度も通ったことはあるが、中を見たことはなかった。大阪城は遠足で行ったけど、姫路城は行ってないもんなぁ〜この日の姫路は快晴で汗ばむ陽気だった。残念ならが白くて美しい天守閣の姿は布で覆われて見ることができない。修復中でなければ、青空に天守閣がさぞ映えたことだろう。そこで予約しておいた天守閣の修復作業が見れる見学コースへ。

(左)天守閣の屋根(右)5〜6階部分 修復見学コースでは、天守閣の外側に建てられた修復用足場の更に外側にある建物から様子を見ることができる。修復期間が長いとは言え、こんなに立派な見学場が作られているとは驚きだ。最上階は屋根瓦を修復中で、瓦を外した下の骨組みがよく見えた。屋根は見事な曲線を描いていて、これを作り上げた昔の技術にただただ感心するばかり。天守閣内部も2階までは見学できたので、お城の窓を通る涼しい風に吹かれながらじっくり観察。

 友人とは姫路駅で別れ、新幹線に乗り込み一路広島へ。日没前に広島に到着。翌日から台風の影響で天気が崩れるとの予想だったので、ギリギリ天気がもっている今日のうちに宮島を見るべきと判断。ホテルへのチェックインを後回しにして、そのまま宮島へ向かう。

大鳥居のライトアップ 宮島口のフェリーに乗る頃には小雨がパラつき始めていた。夕暮れ時ともあって、くっきりとした大鳥居は見えなかったが、それでもあの海にポツンと佇む美しい姿には感動せずにはいられない。港に着き、足早に厳島神社へ向かう。6時過ぎだったため、すでに拝観時間は終了していた。その日の晩は、厳島神社で仲秋のコンサートが催されていたようで、コンサート向けのライトアップが施されていた。大鳥居のライトアップは幻想的で、傘をさしながら暫くの間見惚れる。干潮の時間まで2時間くらいだったが、雨も強くなってきたため干潮を待たずホテルへ向かう。それにしても今日はよく歩いたなぁ〜足がクタクタだ。
posted by しのか at 17:40| Comment(0) | 遊び・旅行・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

異国情緒 〜神戸・明石編〜

フロインドリーブのランチ 数年ぶりに新神戸駅へ降り立つ。神戸は大学時代によく遊んだけど、それ以降は全然行ってなかった。懐かしいところもあれば、新鮮に感じるところもあるって感じ。友達が車で駅まで来てくれていた。フロインドリーブへランチしに行く。

 すごく並んでた!ここのパン美味しいもんねぇ〜夕食も美味しいものを食べる予定なのに、ここでもちょっと贅沢なランチを食べる。3人とも違う種類を頼んでシェアすることに。ローストビーフもクラブハウスもボリュームたっぷり!チェダーチーズとトマトのサンドも美味しかった。ここでは自分用のおやつとして大ミミを購入。

(左)明石のアイドル?(右)明石大橋 その後、明石へ移動。そう言えば、タコフェリーは倒産したんだよね。以前に撮ったタコフェリーの看板はもうなくなっていた・・・残念(>_<)朝ほどの活気はないけど、魚の棚(「うおんたな」と読む)はいつ行っても楽しい。アナゴやタコ、イカナゴがいっぱい並んでた。徳島が近いせいかスダチがすごく安かったので思わず購入。私ってばどうするつもりなんだ?持って帰るの重いのに(笑)でも荷物送っちゃうからいいんだぁ〜!帰ったらスダチ入れて焼酎飲も〜っと。

 駅周辺をブラブラしていたら、別の友人2名が到着。みんなで明石大橋の見える和懐石のお店にご飯を食べに行く。関西のお店は薄味でいいね〜やっぱり私の味覚は関西人だもの。濃い味は受け付けません!お好み焼きは除く(笑)美味しい和食に舌鼓を打ちながら、話すこと話すこと。女性4名にぷーさん1名・・・ごめんね、かしましくて(;^_^A

(左)小山ロール&プリン(右)お土産 友人宅へ戻り、おねだりして買ってきてもらった小山ロールを食べる。他に小山プリンと私が買ってきたお土産もあって、食後だと言うのに食べきれないわって!と言いつつペロリ。美味しいものは別腹なのです(笑)そこから深夜の2時過ぎまでしゃべってた。私達は学生のときに戻ったみたいで楽しかったけど、ぷーさんは付き合い疲れさせちゃったかも(;^_^Aまだ旅行も前半なのに、すでに体力使い切りそうな・・・翌日は姫路へ行く予定だったので、さすがにマズイってことで解散と相成りましたとさ。
posted by しのか at 17:39| Comment(0) | 遊び・旅行・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただいま

 旅行に行くよ!と宣言しないまま出かけた旅行から無事戻りました。帰路の飛行機が台風の影響で飛ばず、空港で4時間の足どめ・・・都内に着いてからも、止まっていた在来線が動き始めたばかりのようで大混雑。でも風も雨もすでに治まっていて、台風の一番ひどい状態は経験することなく終わりました。これも晴れ女の一種?(笑)

 さて、今回に旅行の行き先は広島。去年は台風に怯えながら台湾に行ったので、今年は国内にしたんだけど・・・結局台風来ちゃったよね(;^_^A行きは新幹線の旅。ぷーさんの実家に寄って、兵庫の友人宅へ寄って、広島入りしたのが19日。実家の話は割愛。
posted by しのか at 17:18| Comment(0) | 遊び・旅行・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

レアヨー?やっぱレアチー?

 最近、暑さが戻ってきたなぁ・・・おかげで材料を常温に戻すのがらくだけど。今日は週末の旅行前に冷蔵庫の材料を使い切ろうと夕食の献立を考える。それと同時に、生クリームとヨーグルトも消費してしまうことにした。またとろけるプリンでも作ろうかなぁ〜と思って買ってたんだけど、作ったばっかりだし違うものにした方がいいかな。

 水切りヨーグルトでレアチーズケーキ風(笑)を作ることに決定。普段はクッキー生地にマリーを使うけど、今回はオレオで。クリームチーズとオレオで作るお菓子が美味しくて、それのためにオレオを買ってあったの。でもクリームチーズが先になくなり、オレオだけが取り残された状態に。レアチーの台にしてオレオ救済!

 一晩しっかり水切りしたヨーグルトをクリームチーズの代わりに使うだけだから簡単♪型に砕いてバターを混ぜたクッキーを敷き、ゼラチン・牛乳・砂糖・生クリームと水切りヨーグルトを混ぜればOK。もちろん一緒くたに混ぜるわけではないけど、細かい説明は割愛!だってここはクックパッドじゃないし(笑)暑い日でも火を使わないから作りやすい。ただボールを沢山使うから洗い物が増えてちょっと面倒・・・(;^_^A

 底の抜ける丸型がなかったので、寒天型使っちゃった。ごま豆腐作ったときにわざわざ買った型だけど、それ以降日の目を見てなかったからよかったわぁ〜(笑)ケーキは丸くなくてもいいしね!固まるまでの時間が待ち遠しい(>_<)

レアチー風ヨーグルトケーキ はい、出来上がり!型から抜くときすっごい苦労した・・・やっぱり寒天型はダメだね。クッキーの台がある分重いから、抜くときに崩れそうになった。お味はかな〜りあっさり。オレオが甘いからヨーグルトの方は甘さ控えめになってる。半分ブルーベリーを入れて残りはプレーンの状態にしたけど、どちらも悪くない。少し甘めのブルーベリーソースを作ってかけてもいいかもね。残りを食べるときはそうしてみよう。
posted by しのか at 23:05| Comment(0) | ティー&デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

齧りつきたい

 予定通り残りのパイナップルを使ってスペアリブを作った。ネットで調べた感じでは、漬け汁に入れてると良さそう。朝から下ごしらえだぁー!

 前にもスペアリブは作ったことあるけど、どんな漬け汁にしたっけなぁ?記憶にないわ。スペアリブは茹でるとあっさりになるけど、今回はそのまま使う。骨との境目に包丁を入れて、全体に塩コショウを擦り込んむ。漬け汁は、ケチャップ・酢・ウスターソース・醤油・ハーブ・唐辛子・玉ねぎ・にんにく・パイナップルを使用。玉ねぎとにんにくは摩り下ろし、パイナップルはシロップも一緒に入れてミキサーでペースト状に。このとき少しだけパイナップルを残しておいた。最後にソースの具にするつもり。この漬け汁にお肉をポイっと放り込む。あとは数時間待つだけ〜

 夕方、漬け汁からお肉を取り出して、焦げ付かないように水分を切ってフライパンで焼く。このときに付け合わせにしたかったジャガイモも一緒に放り込んだ。お肉の脂で焼いたような揚げたような感じのジャガイモになった。美味しそう・・・途中でつまみ食いしてしまいそう(笑)お肉の両面がこんがり焼けたら漬け汁投入。骨があるものは火の通りが悪いから、しっかり煮込まないとね。

スペアリブのパイナップルソース 1時間ほど煮込んでお肉とジャガイモをお皿に盛る。フライパンに残しておいたパイナップルを刻んで入れ、更に煮詰めてソースにする。お肉の上にかけて出来上がり〜♪

 甘酸っぱいいい匂い〜(*´ェ`*)さすがパイナップルの分解酵素!お肉が柔らかくてガブッと齧りついちゃった。前日の炊き込みご飯が残っちゃったからそれを出したけど、この味なら白飯の方がよかったなぁ・・・(;^_^Aまぁ、美味しかったからいいか。
posted by しのか at 10:39| Comment(4) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

ぱいなぽぉー缶

 某ハンバーグ屋さんのパイナップルの乗ったハンバーグが食べたくて、久しぶりにパイナップルの缶詰を買った。でも10枚も入ってるから、全部使い切るが大変だよね。ハンバーグに乗せるにしても2枚もあれば十分だし・・・

 そこで考えた今回の使い道。ハンバーグに2枚・パイナップル味ラッシーに1枚・パイナップルマドレーヌに3枚・ヨーグルトの具に2枚・スペアリブに2枚。何とか使いきれたぁ〜(´▽`)ラッシーに入れたのは初めてだったけど、缶詰のシロップ込みで使ったらトロピカルなラッシーが出来た。意外と好評で、カレーとの相性も抜群!

パイナップルマドレーヌ マドレーヌにはいつもマーマレードを使っていたのだが、小さめに刻んだパイナップルなら入れても焼けるかな?と思ったのでチャレンジ。マドレーヌは分厚くないので、固形物が混ざるとどうしても表面が均一に焼けない。でも焼き上がりの状態は許容範囲かな?食感はなかなかよかった。今回は分量がちょうどよかったけど、欲張って大量に入れすぎると生地がべしゃっとなる可能性があり得そう。マドレーヌの焼き立ては表面がサクッとしてて大好き。2〜3個ペロリと食べちゃう(;^_^A

 さて、ラスト2枚。スペアリブを漬けこんで、残りはソースにする予定。今夜の夕食に出したい!まだたっぷり時間はあるし、思考錯誤しながら作ってみよう。上手く出来たらアップするけど不安だわぁ・・・(;^_^A
posted by しのか at 10:15| Comment(0) | ティー&デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

一番乗り!

 待ちに待ったこの季節がやってきた!毎年9月中旬になると、店頭に旬の生すじこが並ぶ。それをほぐしてイクラの醤油漬けを作るのが、毎年の恒例行事となっている。今年は登場が少し早いかな?

 時期が早めのイクラは皮が薄いためプチプチ感がやや弱く、ほぐさずに醤油漬けにしておにぎりの具にするのが向いているそうだ。でも軽く温水で洗うと皮の表面が少し硬くなり、プチっと弾ける感じになる。時期の後半だと皮が厚めなので何もしなくてもプチっとしている。どちらが好きかは好みの問題だが、我が家はプチっと派だ。

旬のイクラ 朝のうちの買いに行って、ぷーさんは作る気満々!イクラの醤油漬けは彼の仕事なのだ。だって・・・私が漬けたらイマイチだったのよ(;^_^A彼が作った方が断然美味しいから、私は業務撤退しました(笑)

 イクラは醤油漬け以外にも塩漬けや粕漬けなどが美味しいそうで、ネットで調べると味噌やカレー粉に漬けてる人までいたりする(笑)どれも美味しいらしいけど、私はやっぱりオーソドックスな醤油かなぁ〜今年は別の味もチャレンジしてみる!とぷーさんは言ってたけど、塩や粕は美味しそうだよね。

 朝早くに漬けたので、夜には食べることができた。キラキラとオレンジ色に輝いて、プチプチして美味しかったぁ〜(*´ェ`*)たっぷり作ってくれたので、今夜も食べれそう♪冷凍も出来るらしいから、旬が終わる直前に沢山作って冷凍しておくのもいいかもね。
posted by しのか at 10:11| Comment(4) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

料理対決!〜パン編〜

 全然対決じゃないね(笑)最近の朝食にこんなのを食べたよって報告みたいなも感じ。

(左)桃トースト(右)フレンチトースト 左の写真は桃トースト。
 右の写真はフレンチトースト。

 一応、前回の続きってことで聞いておくか・・・
 さて、問題です!どちらが作ったでしょう?

作ったのは誰?解答はこちら!
posted by しのか at 14:26| Comment(2) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

料理対決!〜麺編〜

 そんな大層なもんじゃないけど・・・(笑)

 うちではウィークデーは私、土日祝はぷーさんが料理を担当している。お互いフルタイムの仕事をしつつ、私一人が家事全般をやると負担が大きいと言うことで、休みの日くらいはゆっくりしていいよと言うぷーさんの心遣いから始まった。

 ぷーさんはお菓子作りは好きだけど、料理は好きってわけじゃなかったみたい。でも私が作っているのを見て、創作意欲?向上心?が出てきたようだ。私としてはとても喜ばしい♪ここ数年でメキメキと腕をあげ、今では私の母や友達が来たときにも料理を振舞ってくれる。

 そこで冒頭の料理対決。作った日は別だけど、珍しく二人ともパスタを作ったので比較してみよう。写真の色調やお皿、ランチョンマットの違いはご容赦願いたい。

(左)カルボナーラ(右)冷製カッペリーニ 左の写真がカルボナーラとナス&トマトの和風マリネ。
 右の写真が夏野菜とツナの冷製カッペリーニとポテトサラダ。

 さて、問題です!それぞれ誰が作ったでしょう?正解者には特に何もありません・・・強いて言うなら、我が家での食事にご招待とか?(笑)

作ったのは誰?解答はこちら!
posted by しのか at 17:22| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

モザイクの全容

パンプキンプリン 写真で見えた黄色っぽいものはパンプキンプリンでした!ちなみに遠目でぷーさんに見せたら、一瞬でパンプキンだってバレた(゚Д゚)黄色が決め手だったらしい・・・鋭すぎ。このレシピは生クリームを使わずに牛乳だけなんだけど、ホクホクしてて濃厚なの〜(*´ェ`*)プリンと言うよりはカボチャそのものを食べてる感じなので、美味しいカボチャを選ばないとね。でもカボチャって意外と当たり外れがあるんだよなぁ・・・(;^_^A

蒸し焼き中〜 かぼちゃをレンジでチンして卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスと一緒にミキサーでガガガーーーっと混ぜるだけ。漉してからカラメルソースを入れておいた器に注ぎ込み、後はオーブンで30分程度蒸し焼きするだけ。今回はカラメルソースの出来が最高だった(-_☆)焦げ色といい、とろみといい、ほろ苦さといい、おおげさだけど過去最高のできかもしれない(笑)

出来たての熱々♪ 熱々のところを1個食べちゃった。パンプキンプリンは冷やしても美味しいし、温かくても美味しいね。ココット皿も小さいし、若干カロリー控えめなので、罪悪感なく2個ペロリといけちゃう(笑)12個できたから今週末は楽しめるわぁ〜
posted by しのか at 12:00| Comment(0) | ティー&デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

深夜の激痛

 昨夜、こむら返りの激痛で目が覚めた。足が痺れたときに有効な方法だけどこむら返りにも効くかなと思ったので、足の親指を持って足の甲側へ反らして脹脛を伸ばすようにして痛みに耐えた。こんなに痛いのは初めてだった・・・痛くて呼吸もままならないほど。

 朝になって歩いてみると、痛みが残っていて思うように歩けない。朝は朝食の準備や洗濯・掃除などやることがあるのに(>_<)ストレッチすればマシになるかもと思ったが、痛くてアキレス腱を伸ばすストレッチすらできない。これには困ったので、ネットで処置方法を調べてみる。

 末梢神経や内科的な病気、ビタミン不足などが原因としてあるようだ。筋肉の冷えもよくないらしい。そう言えば、昨夜は扇風機が回っていて少し足元に風が当たっていた。それが一因かも?朝起きた後も脹脛が冷えているのを感じたし。ホットパックなどの理学療法が有効との情報を見たので、夏なのにカイロを出して脹脛を温めてみる。

 本当に効果あるんだね、徐々に痛みが消えていく。温めながら優しくマッサージもして、少しずつアキレス腱を伸ばす運動も行う。これで効果がなかったら、午後から整体に行こうと思っていたが、昼頃にはすっかり痛みはなくなっていた。

これは何でしょう? 痛みから解放されて嬉しくて、午後からデザートを作り始めた(笑)現在、冷蔵庫で冷やし中〜('-'*)何を作ったかは、明日にでも報告しようかな。しかし・・・こんなひどいこむら返りは生まれて初めてだわ。運動不足なのもいけないんだけど、自覚のない冷えにも要注意だ。寝る時もう少し考えないとダメだね(;^_^A
posted by しのか at 17:17| Comment(0) | BODY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

ピリっと甘酸っぱい

 スーパーを歩いているときに新生姜が目に入る。そろそろ新生姜の旬も終わりかぁ〜いつもは横目で見るだけなのだが、ちょうど友人と生姜湯の話をしたところだったのでジンジャーシロップを作ることにした。自家製のジンジャーシロップを炭酸水で割れば簡単にジンジャーエールができるし、そこへラム酒を入れても美味しいし〜( ̄¬ ̄)じゅるっ・・・

自家製ジンジャーシロップでジンジャーエール 生姜とハーブ、砂糖、レモン汁を煮込むだけで簡単に出来上がる。甘くない炭酸水で割って飲むと、ピリッとした生姜の風味と甘酸っぱさが口に広がる。これなら甘すぎなくて、普段ジュースも炭酸水も飲まない私でも大丈夫(^-^)v

 冬になると生姜湯が大活躍するので、葛湯にジンジャーシロップ入れてもいいかも♪でも美味しく出来るかちょっと不安・・・実はめっちゃお気に入りの生姜湯があるのよ。色んなメーカーのを飲み比べてみたんだけど、生姜湯一つ取っても全然味が違うんだよねぇ〜我が家にはそのお気に入りの生姜湯が季節問わず常備されていて、風邪かな?と思ったら飲んでいる。体の芯がポカポカとして、ピリッとした刺激が胃や喉の不調を整えてくれる。

 今回作った分は、あっと言う間になくなりそうだから、冬に向けて普通の土生姜で作ってみてもいいかもね(*^-゚)⌒☆ただ煮込んだ生姜が大量にできるから、それの使い道を考えないと・・・料理に使うにしても使いきれないし。生姜チップス作っても食べきれないだろうなぁ〜これは冬までの課題だな(;^_^A
posted by しのか at 09:46| Comment(0) | ティー&デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

もどき尽くし

チーズを使ってないチーズケーキ 以前にも作ったことがあるのだが、久しぶりに水切りヨーグルトのケーキを作った。これはチーズを使っていないのに、チーズケーキのような味わいになる優れもの。クリームチーズは美味しいけど、どうしてもカロリーが気になるのよね(;^_^A

 朝から水を切り始め、夕方作り始める。今回は香り付けにオレンジピールを入れてみる。焼き上げてしっかりと冷ましてから冷蔵庫で寝かせたら、夕食後に食べれるだろう。
 
豆腐お好み焼き ケーキを食べることを考慮して、晩御飯はさっぱりした味わいの豆腐お好み焼きともずく納豆にした。この豆腐お好み焼きも粉少量とは思えないほど普通にお好み焼きっぽくて美味しいのだ。お好み焼きもどきって感じかな?今日は全体的に低カロリーだ。一緒に住み始めてからぷーさんは痩せたけど、私は太ったからなぁ・・・抑えられるところは抑えないと(>_<)

 食後にドリップしておいたアイスコーヒーとお待ちかねのチーズケーキもどき(笑)ほどよい酸味で美味しい〜(*´ェ`*)オレンジピールがすごく効いてる!と褒められる。次はブルーベリーを入れてみたいなぁ〜
posted by しのか at 17:02| Comment(0) | ティー&デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。