2011年12月31日

さらば!2011年

 今年もあと1時間半を切りました。2011年は本当に色々ありましたね。震災や大型台風、身内の病気などなど・・・あまりいい年ではなかった気がします。それでも健康で毎日過ごせているので感謝しなければ!

 年末に大阪の実家に帰ったり、ぷーさんの実家にも行ったりと、なかなかハードスケジュールでした。新年は自宅で迎えるつもりで家に帰ってきました。また年が変わってからにでも、年末の話をざっと記事にしたいと思います。

 旧年中お世話になった方々、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by しのか at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

クリスマス3連休

 3連休は久しぶりに二人でゆっくりと過ごせた。ここんとこ週末がほとんど別々だったからね・・・

IKEAのホットドック まず23日はIKEAにぶらりとお買い物。素敵なレイアウトを見ると、部屋を模様替えしたくなる。でも模様替えするなら引越しもしたいなぁ〜もう少し広いところだといいな。昼食はIKEA名物?の100円ホットドック!なんかここに来たら食べなければいけない気になるんだよ(笑)前はスープもあったのに、なくなってたからコスト削減したのかな。シナモンロールも食べてみたけど、美味しくなかった・・・

 結局購入したものは、テフロン鍋・器・シリコン型・座布団・巾広のフライ返し。特にワクワクするようなものはないけど、買い替え時かなと思ってたものが買えてよかった。食品はピクルスだけ購入。ジャムやクッキーも買いたかったけど荷物が・・・(;^_^Aどうせ出かけるんだからララポートやアウトレットにも行く予定だったけど、IKEAを歩きまわったら疲れてしまった。そんなわけで初日終了(笑)

 24日はランチに野菜ビュッフェを食べに行く。お気に入りのお店でよく行くのだが、いつもは混んでるのにガラガラ・・・そっかぁ〜クリスマスイブだもんね、みんなもっとお洒落なお店に行くよね(笑)食後はいつものお散歩コース、上野公園不忍池付近をぶらぶら。アメ横も行ったけど、ここクリスマスに来るところじゃなさげ(;^_^Aなんかノリがいつもと違う気がした。

チーズペンネとアラビアータ 帰宅後の夕食がいつまでたっても食べれそうになく・・・二人してランチを食べ過ぎたみたい(>_<)ケーキだけは食べようとコーヒーを入れる。あらら?結構スルリとお腹に入ったよ?甘いもの食べたら、しょっぱいものが欲しくなってきた!ってことで、有り合わせの材料で、アラビアータとチーズペンネの2品を作る。ほどよくお腹も満足し2日目終了〜

 25日は二人してお寝坊さん。お散歩するか、近所に出かけようって言ってたのに、ダラダラしてたらスーパーに食材買いに行くだけになってしまった。まぁ、こんな日もありだね(笑)夕食はぷーさんがパエリアを作ってくれた♪休みの日はぷーさん担当日だから作ってもらってるだけで、私が何もしないでダラけてるわけじゃないからね!!って誰に言い訳してるんだろ・・・私(;^_^A

 オーブン焼きチキン、パエリアと先日美味しかったからまた作ってもらったチャウダーを食べつつ、シャンパンを1本開ける。シャンパンはアンリオ・ブリュット・スーヴェラン。ふぅ〜酔っ払ったーー(笑)なんやかんやで充実した3日間だったのかな。

チキン&パエリア&スープ パエリアとシャンパン
posted by しのか at 16:19| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

あったまろ

 先日は冬至だったね。某ゲームでは冬至だからとカボチャ料理を用意してくれてる人がいてビックリ!でも季節感あって素敵〜♪(笑)

カボチャのホットサラダ それを見て私もカボチャ食べなくちゃ!と思い、夕食にカボチャのホットサラダと言うかグラタンのようなものを作ってみた。ホワイトソースは使わないんだけど、これがなかなか簡単で美味しいのだ。普通ならレンジでチンするだけでいいんだけど、今回はちょっとグリルで焼いてみた。でも上のパン粉が上手く焦げてくれなくて焼き色はつかず・・・残念(>_<)食後は定番の柚子湯に浸かってポカポカになった。

鮭チャウダー そう言えは、この前ぷーさんが鮭チャウダーを作ってくれたなぁ〜(*´ェ`*)とても美味しくて、余った分は翌日私がスープスパゲティにしてうまうましちゃった(笑)やっぱり寒い日は湯気がホワ〜っとたって熱々なものを食べるのが幸せ。心も体もあったまる♪
posted by しのか at 11:13| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

頭痛い・・・

 先週の土曜日の夜から体調が悪い。こんなの久しぶりだ・・・

 風邪で熱が出るときのような頭痛が始まり、そこから体が熱く微熱っぽくなる。若干の吐き気もする。でも一日中調子が悪いわけでもない。でも毎日、同じような状態になる。仕事のストレスが強かったときは目眩もひどくてフラフラだったけど、そこまでは悪くないんだよなぁ・・・

 ここんとこ色々あったからかなぁ?でも私が気疲れするようなことでもないし・・・単なる季節の変わり目の体調不良かな。急に寒くなったしね。

 今年もあと少しで終わる。年末に実家に戻って両親とミィちゃん&ミケティ、お外ちゃんずの顔を見て、ぷーさんの実家に顔出して、年内に自宅へ戻る予定。やっぱり自宅が一番落ち着くのよねぇ〜楽しく年末年始を過ごすためには、早く体調を整えておかねば(>_<)
posted by しのか at 08:40| Comment(0) | BODY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

まさにfinancier!

フィナンシェ 焼きあがってから一晩更に寝かせたフィナンシェのご報告を。これは美味しすぎるぅ〜(*´ェ`*)フランス語でお金持ちを意味するだけあって、とてもリッチな味に仕上がっている。バター風味の香りとアーモンドプードルの小麦粉とは違った食感が、一晩寝かせたことでしっとりと落ち着いている。カロリーがものすごく高いと分かっていても、ついつい1個・2個・・・と食べてしまう(;^_^Aもう少し低カロリーで作れないかしら?でもこのリッチテイストを維持するには、どうしてもバターは譲れないだろうしなぁ・・・

 次はフィナンシェ型買って作っちゃおう♪アンリシャルパンティエのフィナンシェが大好きでよく買ってたけど、自分で作ったもの負けず劣らず美味しかったもん。それに作った方が低コストだわ(笑)

クリスマスツリー そんなわけで、初フィナンシェは大成功!気分がいいのでクリスマスツリーを飾ってみた(笑)ぷーさんは季節行事はどうでもいい人なんだけど、やっぱり季節感は大切よね(*^-゚)⌒☆美味しいもの食べて、季節感楽しんで。うん、なんか幸せだ。
posted by しのか at 21:29| Comment(0) | ティー&デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

焦がしバターの香り

 スイートポテトを作ったときに同時に仕込んだフィナンシェの生地。一晩寝かせて美味しくなったかな?焦がしバターを焦がしすぎたのか色が少し濃いのが気になるなぁ〜それに少し生地が固い気がしないでもないが・・・まぁ焼いてみるか。

フィナンシェを焼く フィナンシェ型がないので、普通のマドレーヌ用の型に入れて焼く。今回美味しくできてたらちゃんと型も買おう。金塊をイメージしたものがフィナンシェらしいので、本当はきれいな黄金色の焼き色にしないとダメなんだよね(;^_^Aちょっと色は悪いけど、焼きあがりの香りははとても美味しそう♪

 濡れ布巾で覆って粗熱を取り、その後型から外してラップで包む。ここでもう食べたい!でもまた一晩寝かせなくちゃ(>_<)寝かせると美味しさがアップするのだそうです。むぅ〜我慢我慢・・・

 ぷーさんは「もう食べていいの?((((o゚▽゚)o))) ワクワク♪」って顔してたけど、明日までお預けって言っといた(笑)まだスイートポテトあるから我慢してね!明日が待ち遠しい〜!!
posted by しのか at 20:30| Comment(0) | ティー&デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

スイーツは突然に

熱々スイートポテト お菓子作りたい病は夜中に発症することが多いのだが、今回は日中だった(笑)しかも今回は2種類作る予定でスタート。

 まずはサツマイモと卵黄などを使って、スイートポテトを制作。裏ごしはせずに、サツマイモの食感を少し残した感じに仕上げてみた。ちゃんと卵黄を二度塗りしたから焼き色が綺麗(*´ェ`*)恒例の熱々試食ターーイム!!(笑)表面が少しカリっとしてて美味しかったぁ〜この食感はなんだが新鮮だわ!残りは粗熱取ってから冷蔵庫へ安置。

スイートポテト 次に初チャレンジのフィナンシェ。スイートポテトに卵黄2個使うので、残った卵白を使用するためのレシピ。いや・・・フィナンシェを作りたいがためにスイートポテトを作ったってのが正解か(;^_^A

 さてさて、フィナンシェには焦がしバターが必要ですよ!熱くて火傷しそうになりながらも何とか不純物も漉して、澄んだきれいな焦がしバターが完成。写真撮り忘れたのが無念なり(>_<)部屋中がものすご〜〜〜くいい香りに包まれて幸せ♪材料を全部混ぜたら、生地は一晩冷蔵庫で寝かせると美味しいさがアップするそうだ。明日には焼いてあげるからね!おやすみなさい〜♪

 夕食後のデザートはもちろんスイートポテト!珍しくぷーさんの帰宅が早かったので、ゆっくりできてよかったぁ〜もちろん私が「デザートあります!」メールを送っといたからなんだけどね。甘い物大好きなぷーさんは、甘い誘惑にも釣られるのです(笑)まさか2日連続とは思うまい・・・今夜も驚かせてあげよう('-'*)フフ
posted by しのか at 10:44| Comment(0) | ティー&デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

冬の天体ショー

皆既月食 先日の土曜日、皆既月食が綺麗だった。こんなに好条件で見るのは初めて。防寒ばっちりの格好で空を仰ぐと、すでに月は欠けていた。陰になっているからか、ほんのり赤みががっている。陰から脱し始めると、馴染みの月の明るさよりもいくらか明るく感じる月が現れる。おそらく光量に変わりはないはずなので、暗かった後の明るさが際立っただけだろう。写らないだろうとは思ったが、iPhoneでシャッターを切らずにはいられなかった。

 この日は東京の空とは思えないほど、星が綺麗に見えた。白く瞬くおおいぬ座のシリウス、赤みがかったオリオン座のベテルギウス、プレアデス星団。眼鏡越しの空でも、それらの星は確認できた。冬の大三角のもう一つはなんだっけ?1等星ではなかった気がするので、もしかしたら私には目視できないかもしれない。

満月 子供の頃、星が大好きだった。実家の天窓からどれだけ星を眺めたことか。あの頃は視力が2.5あり、多くの星を肉眼で見ることができた。視力が落ちると共に視界はぼやけ、不夜城と化した都会では星を確認することすらままなくなった。北海道に住んでいたときに、少し車を走らせて光のほとんどないところに行くと、空が重く感じるほどの星が見えることに感動した。しし座流星群以外のときに流れ星を見たのも、そのときが初めてだった。自分の目に映らないだけで、こんなに無数の星が瞬き流れているんだ。

 冬の星座と言えば、オリオン座・おうし座、ぎょしゃ座、そして私の星座であるふたご座。ふたご座のポルックスとカストルはレダから卵として生まれたとギリシャ神話では描かれている。本当は双子ではなく、片方は人間で片方はゼウスの子であると言う説もあるようだ。イタリアのウフィッツィ美術館で見たポントルモの「レダと白鳥」が強烈に印象に残っている。元となるレオナルド・ダ・ビンチの作品はすでに消失して存在せず、多くの模写が現代に残されているそうだ。そう言えば、フォロ・ロマーノではカストルとポルックス神殿を見たっけ。またヨーロッパを旅行したいなぁ・・・

 部屋に戻って調べると、冬の大三角のあと1つはこいぬ座のプロキオンだった。0.4等星なので見えないかもしれないが、今夜にでもまた空を見上げてみようかな。やっぱり星はいい!!天体望遠鏡が欲しくなってきた(笑)
posted by しのか at 08:51| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

押し寄せる寂寥感

 パスタレシピを聞きたくて、イタリア人の友人にコンタクトをとった。彼女はイタリアから追いかけてきた彼と結婚(過去記事2009.11.04)し、仕事の関係でそのまま日本に住んでいた。イタリア大使館で行われた結婚式には、彼女が留学生だったときからずっと日本での両親として面倒を見てきた私の両親と私も参列した。イタリアから本物の両親と友人、日本の友人など大勢がお祝いにかけつけ、披露宴では4時間にも及ぶイタリア式の楽しい食事が繰り広げられた。2年前のことなのに、昨日のことのように思い出される。彼女の花嫁姿は本当に可愛かったなぁ〜

 携帯にメールを送ったら戻ってきてしまったので、パソコンの方へメールを送った。2日後、彼女から返信が来た。3月の震災後に、夫婦ともにイタリアへ帰国したそうだ。長い長い彼女のメール。そこには彼女が悩みぬいて帰国したことが読み取れた。

 日本が大好きで、イタリアの大学で日本語を専攻し、最初の留学で私の家族と出会った。その後、別の大学に編入して更に学び、一旦帰国。イタリアで就職してから日本支社へ配属された。まずは3年勤務、でもずっと日本に住みたいと彼女は言っていた。16のときから付き合っている彼が待ち切れずに日本へ追いかけてきて、日本で結婚式を挙げた。彼もあっと言う間に日本語が上達し、日本の会社でデザインの仕事をしていた。彼女に至っては、敬語までパーフェクトだからすごいよ!

 私と同じで彼女も一人っ子。ご両親は遠い異国の地に彼女を置いておくのは辛かっただろう。地震に加えて放射性物質の影響も考えると、帰国の決断は当然のことだ。あの日を境に、多くの外国人が日本を去ったと言われている。日本人である私達は、日本を捨ててどこかへ逃げることはできない。私も東京を離れないかと両親から打診をされたことがある。でも仕事もぷーさんとの生活もあり、それを捨てて実家に戻ったとしても私に何が残ると言うのだ?

 彼女達は何とかして再び日本に戻って来たいと言っている。日本での生活がとても合っていると言う。それがいつになるのか?そんな日が来るのか?あの震災が、原発事故がなければ!!彼女が帰国してしまったのはとても寂しい・・・でも日本とイタリアで離れていても、彼女は私の大切な妹だ。
posted by しのか at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。