2012年01月26日

あったかトロ〜リ

 年が明けてから随分経つのに、年末の記事を貯めこんでたのでいつまで立っても今年の話が書けないなぁ(;^_^A久しぶりに料理ネタを行っとこう〜!

 もう先週の話なのだが、初めてかぶら蒸しを作った。年末に実家に戻ったときに、母がかぶら蒸しを作ろうかしらと言っていたので真似してみたのだ。和食のお店では鉢物でかぶら蒸しが出てくることはあるが、自分で作ろうと思ったことはなかった。しかも作り方も知らなかったし・・・

かぶら蒸し 早速ネットで検索。すりおろしたカブと卵白、塩で出来るようだ。具にはエビとシイタケを入れる。もし美味しく出来たら、次は鯛とか百合根とか銀杏とか入れて作りたいな。今回は三葉もなかったし・・・しっかり蒸し上がり、トロトロの銀あんかける。青みには絹さやを、薬味には柚子の皮と山葵。

 この日のメニューは氷見寒ブリの照り焼きとかぶら蒸し、青菜お浸し、お味噌汁、玄米ご飯と完全な和食。やっぱ日本人は和食でしょ〜('-'*)かぶら蒸しはめっちゃ美味しくできてた!!彩りが綺麗で、熱々フワトロの食感、味はあっさり関西風。ぷーさんから「お金取れるよ!」とお褒めの言葉をいただきましたヽ(*´¬`)ノ わぁーい!作るのが簡単なのに、見栄えも味もいい料理なので、おもてなし向きかもね。おかげでものすごく満足感の高い食事になったわ。
posted by しのか at 11:45| Comment(1) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

玉手箱

 ちょっと古い話を。去年のクリスマスに友人から届いた小包。私は参加できなかったのだが、恒例のクリスマスパーティー&プレゼント交換をしたそうだ。過去(過去記事2009.12.20参照)にも可愛いものが詰まったBOXが送られてきたっけ('-'*)

箱の外側 今回の箱はこんな感じで、ちゃんと開ける場所の指示がありました(笑)指示通りそこから開けようとガムテをピリピリと剥がす。これが意外と難しい(>_<)さて、何が出てくるんだろう?ワクワクq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pドキドキ

そして開けると・・・
posted by しのか at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

降りしきる

降りしきる雪 昨晩は東京にも雪が降った。積雪5cmだそうだ。大寒の前後で寒いのは当たり前なんだけど、やっぱり雪が降るときは空気が冷たく張り詰めた独特の感じになる。北海道にいたときも、雪の降り始めは寒かった。逆に積もってしまうと、降り始めほどの寒さは感じない。

 都内の交通機関は雪の対応していないのですぐに電車が止まる。歩く人の足取りも覚束ない。雪国を経験したことのある人からすれば「ああ〜あの歩き方じゃダメだ・・・(;^_^A」と思うこともしばしば。ぷーさんも雪国経験があるので、東京の人に手本を見せるように雪国仕様の歩き方してきたよ!と話してくれた(笑)

道路の雪 今朝は絶対電車が止まって、交通機関は混乱してるだろうと思っていた。それが意外や意外、お日様がピカッと出てて日差しが温かい。これならすぐに雪も溶けるだろう。太陽って偉大だなぁ〜
posted by しのか at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

癒し癒され

 今回はミィちゃんの写真がありません・・・取り損ねたわけです。うーん、残念!!(>_<)相変わらずにゃんにゃん言いながらお膝をねだって可愛いミィちゃん。人間の年齢にするともう40代くらいかな?いつまでも可愛いミィちゃんでいてほしいものだ。

ミケティ そしてまだまだやんちゃなミケティは、事あるごとにミィちゃんにちょっかいを出して困る(;^_^Aミィちゃんの方が大人だし性格が大人しいので、「はいはい、わかったわかった」と言った感じで適当にあしらってるのが目に見えて分かる。でもミケティはかなりしつこい性格なので、追いかけまわしたりと・・・見ている方はハラハラする。悪い子じゃないんだけどね、ミィちゃんの方が性格的に可愛いから好きなのよね。やっぱり相性はあるよ。

 ミィちゃんばかり褒めてるけど、もちろんミケティにもいいろことがあるよ。とても写真うつりがいいことと、一人遊びが上手なこと。おもちゃを駆使して一人でいい子に遊んでる。ときどきその遊び相手がミィちゃんになるのが困るんだけどね(;^_^A

お外ちゃんず(左:シマ 右:クマ) お外ちゃんずはかなり大きくなっていた。写真左側のシマは母親のチビと同じキジトラ短毛&目つきが悪い(笑)割と臆病な性格かも。写真右側のクマちゃんはとても人懐っこくてすぐ寄ってくる。見た目はサビ柄長毛でなかなか愛嬌のある顔だ。2匹ともすでに避妊手術が済んでいて、残すところは母親のチビだけらしいのだが・・・これがかなり手強いようだ。体も小さくすばしっこい。ミケティの母親でもあり、出産経験も豊富のようだ。肝っ玉母さんってとこか。今までも何度となく捕獲を試みるも上手くいかないらしい。MY父、頑張れ(笑)

 後日談だが、私が東京に帰った後、ミィちゃんは私を探しまわっていたそうだ。もっとも甘えさせてくれる存在なのを知ってるからねぇ・・・私がいないと、母の膝を利用するらしい。「私はしのかの代用品なのよ〜」と笑いながら話してくれた。ったく・・・ミィちゃんってば可愛いんだから(*´ェ`*)
posted by しのか at 00:00| Comment(0) | I LOVE "ME" | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

ビルの谷間にひっそりと

本能寺 最後に訪れたのは、母のリクエストで本能寺。本能寺は消失したままだと思っていたら、秀吉によって移転・再建されたそうだ。焼失前は信長が宿所とするに相応しい素晴らしい建物で、塔頭も26院あったとのこと。天明の大火や蛤御門の変で度々焼失し、現在の本堂は昭和3年に再建されたもの。元々は中京区蛸薬師通にあったが、現在は寺町御池にある。ビルの裏側にあるため、表通りからはどこにあるか見えない。

 史跡を見るのはいいものだね。興味を持って調べるきっかけをくれる。最近は「へうげもの」を読んでいるので、この時代の歴史にも興味があったのよね。久しぶりの京都を楽しんで、年末を締めくくりとしていい時間を過ごせた。
新年の和菓子 実家へ戻るとミィちゃんとミケティがお出迎えしてくれた。彼女たちのキュートな姿はまた後日(*^-゚)⌒☆母にお抹茶を点ててもらって新年用の和菓子をいただく。夜は4人でボードゲームと麻雀に興じた。ぷーさんはちょっと不完全燃焼?(笑)だったかもしれないけど、すっごく楽しかったぁ〜!
posted by しのか at 00:00| Comment(0) | 遊び・旅行・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

冬の朝

薄氷 美味しい物を食べて温泉に浸かり、ぐっすりと眠った翌朝。朝食へ向かう途中で、池に薄氷が張っているのに気付いた。ああ、京都の朝は寒いんだった。京都に住んでいたときは、大阪と比べると明らかに違う寒さ暑さに驚かされたものだ。そのまま屋外を歩くと寒桜が目に入る。寒くて澄んだ空気の中で凛と咲くその可憐な姿に感動する。朝食をゆっくりと楽しんでチェックアウトし、金閣寺(鹿苑寺)へと向かう。

間近から 前日の銀閣寺と同じように、金閣寺も多くの観光客がいた。でも見に来ている人の年齢層が銀閣寺と比べると若いと感じたのは気のせいか。何年ぶりかに見た金閣寺はやはり煌びやかで美しかった。すっかり薄れていた記憶も上書き更新された。ネオンやキラキラしたものに見慣れた現代人から見ても華やかだと感じるのだから、建造された当時の人々はさぞかしその眩さにクラクラしたことだろう。

五位鷺と鵜 綺麗なものは綺麗。でも銀閣寺の侘びた佇まいの方が好みかも・・・私も渋好みになったんだなぁ(笑)金閣寺の池には五位鷺と鵜がいた。距離が遠くてiPhoneのズーム機能ではあまり上手く撮影できなかったが、なんとか2羽の競演をとらえることができた。どこに鵜が写ってるか探してね(*^-゚)⌒☆ちなみに手前に五位鷺、奥に鵜がいるよ。


龍安寺・石亭 金閣寺の次に、石庭で有名な龍安寺へ。子供の頃はもっと広いと思っていたのに意外と狭いと感じた。石が15個あるのだが14個しか見当たらない。不思議に思い石庭のミニチュアで位置を確認してから見ると15個目を発見。どうやら15個全部見える位置は1か所だけらしい。それ以外はわざと不完全にするために14個しか見えないように設計されているそうだ。

 それにしても、枯山水とはよく言ったものだ。水がないのに水の流れが見える。山がある、海がある。見る人によって見え方が違う。心が落ち着いた。

寒桜 吾唯足るを知る
12月の紅葉 金閣寺
posted by しのか at 00:00| Comment(0) | 遊び・旅行・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

年末の京都

 年越しは自宅で迎えたため、その少し前に実家に帰った。京都に定宿があるのでそこで1泊し、2日間に渡って京都観光をした。1日目は銀閣寺。2日目は金閣寺、龍安寺、本能寺。

銀閣寺 昼過ぎに京都駅で両親にピックアップしてもらい、平安神宮を横目に見ながら銀閣寺(慈照寺)へ向かう。子供の頃に来たことがあるようなないような・・・化粧直しが終了した銀閣寺はとても侘びたいい風情だった。銀を貼る予定だったが予算が足りずに今の姿になったとう逸話が残っている銀閣寺だが、貼らなくて本当によかったと思う。子供の頃は金閣寺の美しさに見惚れたものだが、大人になって見ると銀閣寺の方が遥かに趣があり胸を打つ。

お上品な鯉 庭園も美しく整備され、池の水はとても澄んでいる。じっと覗くと鯉が泳いでいたのだが、どうもいつもと勝手が違う。そうだ!がっついてないんだ!!(笑)上野公園の不忍池にいる鯉は我先にとエサを求める姿が普通だが、銀閣寺の鯉は悠然と泳いでいるだけでエサを求めては来ない。おそらく観光客は一切エサを与えないはずなので、人を見るとエサを求めると言う条件反射がないのだろう。でもお上品に感じるね(笑)

 そう言えば、哲学の道は銀閣寺のすぐ側にあったんだね。昔歩いた記憶はあったが、銀閣寺の近くだとは思いもよらなかった。調べてみると、南禅寺辺りから銀閣寺まで繋がっているそうだ。湯豆腐でも有名な南禅寺には何度も行ったことがあるので、その付近の哲学の道の記憶なのかもしれない。

 銀閣寺を見てとても清らかな気持ちになった後、宿へと向かった。美味しい夕食と気持ちいい温泉が待ってる♪

上からの眺め 哲学の道
posted by しのか at 18:14| Comment(0) | 遊び・旅行・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

年が明けました

 昨年は色々ありましたね。年が明けたからと言って、あっさりと明けましておめでとうなどと言っていいものかと悩んだりします。まだまだ復興が思うように進まない地域の方もたくさんいることを思うと、私はなんて恵まれているのだろうと感じます。

 辛く悲しいことがあっても、それでも人は生きていく。明けない夜はないのです。寄り添い助けあいながら、これからも一歩一歩足を前に進めて行きたいと思います。前途に幸多からんことを!
posted by しのか at 15:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。