2012年07月20日

ライバル!?

お膝でごろにゃん 今日も猫たちの話(笑)ミィちゃんは私を見ると必ずお膝をおねだりしてくるが、ミケティは実はほとんど膝には乗ってこない。ミケティは父が一番好きで、寝ている父の上で寝ていたり、腕枕で寝ていたりする。私の膝に乗ってくるのは、両親が旅行で数日空けたときだけだ。

 ミィちゃんは長時間私の膝にいるので、ミケティはそれをジーっと見ているだけ。甘えたい父の不在が2日目くらいになると、おそらくスキンシップ不足になるのだろう。諦めて私の膝で我慢するわ・・・と言わんばかりに乗ってくる。なんたるツンデレ(笑)そんなときですら、大人しく撫でられてはくれないんだよなぁ(>_<)

うっとりするミケティ 何かの記事で、猫は男性が苦手だと見たことがある。ミィちゃんも男性が苦手で、初めてぷーさんを見たときは逃げていた。今はもう慣れたみたいだけどね。不思議なのは男性が大好きなミケティだ。最初からぷーさんに対する態度はちょっと違ったので、我儘お嬢様はどうやらぷーさんがお気に入りのようだ。「だってぇ〜遊んでくれるしぃ〜男の人だしぃ〜」と言うミケティの声が聞こえてきそう(;^_^A

 私には撫でさせてくれないのに、ぷーさんが撫で撫でするとミケティはうっとりするのだ!羨ましいやら、けしからんやら(笑)まさかミケティとぷーさんを取り合うことになるとは・・・負けないわよ?(・∀・)
posted by しのか at 15:15| Comment(0) | I LOVE "ME" | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

I LOVE "ME"写真館

 このブログのカテゴリにあるI LOVE "ME"。勘の良い人お気づきだと思うが、愛しのミィちゃんのことだ。ミィちゃんから始まった実家の猫の歴史は、ミケティ、チビ、クマと増えて賑やかになった。今やMEだけではないのでカテゴリ名を変更した方がいいかなと思ったこともあるが、やっぱりこのままでいいかな(笑)シマちゃんのことがあって、記事に載せ損ねてしまった可愛い写真がいっぱいあるので、ボチボチ公開していこうと思う。

 実家に戻ると、みんなから熱烈歓迎される幸せ者の私(*´ェ`*)玄関までお出迎えしてくれるのだが、特にミィちゃんはお腹触って触って〜♪っとゴロンゴロンする。ホントに可愛いやっちゃ!!!ふわふわのお腹に頬ずりしたいくらい(笑)甘えた声で「にゃぁっ」と鳴き、口元にキスするがのごとく鼻先を寄せてくる。そして私の顔を見つめてゆっくりと瞬きをする。これがまた可愛いんだ(*ノェノ)
転がってアピールするミィちゃん

 もちろんミケティもクマちゃんもゴロンゴロンしてくれる。クマちゃんは撫でて〜って感じで甘えてくるが、ミケティは残念ながら体を触られるのがあまり好きじゃないらしい。撫でようとするとパンチ!キック!最後には甘噛される(>_<)これは誰に対してもするみたい。
みんなのアピール姿

 みんな本当に可愛いわ。むぎゅ〜っと抱きしめてワシャワシャしたい!!絶対に嫌がられるからできないけど(´Д` )
posted by しのか at 09:22| Comment(0) | I LOVE "ME" | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

驚きレモン 〜日光東照宮 補足2〜

 食べ物のことを書かないなんてありえない!ってことで補足。

 事前にネットで調べたところ、日光の湯葉が美味しいとのこと。お店までは特に決めていなかったが、神橋を過ぎた辺りの日光ロマンチック街道と言うらしい(笑)通りに面した「油源」と言う、地元の旬の食材を使った食品を扱うお店を見つける。どうやら食事もできるようだ。帰宅してから調べてみると、安政6年から続くお店とのこと。それで看板が何となく古風に感じたのかな。

油源のゆばづくし膳 そのお店で念願の湯葉を食べる。もっちりとした厚みのある湯葉が美味しかった。味は関西人の私にとってはかなり濃い目だったが、元々お弁当を扱うお店なので仕方がないかな。二人とも湯葉づくしの御膳を選んだが、内容を選べるランチも美味しそうだった。その界隈にある他店の湯葉料理はどれも観光地価格な感じがしたが、ここはリーズナブルでよかった。

 お土産にはネットで美味しいと評判だった水羊羹を買うつもりだったが、運悪く?バスが来たのでそのまま乗ってしまった(;^_^Aだって渋滞してるから、いつバスが来るか分からないんだもん・・・でも駅前の土産店には水羊羹は置いておらず後悔することに(>_<)バスの車窓からいっぱい和菓子屋さんが見えてたのに〜〜!!

レモン牛乳 それでも何かないかと駅前をブラブラ物色。揚げ湯葉まんじゅうの美味しそうな匂いにつられて、お腹いっぱいなのに買い食いしてみた。広島の宮島で食べた揚げもみじ饅頭と同じようなテイストで美味しかったよ♪お持ち帰り向きではないのが残念だけど、熱々を食べれたから良しとしよう。

 栃木だけで売っていると噂のレモン牛乳を発見!(・∀・)本当に売ってて驚いた。すごく小さいくせに120円もするなんて・・・と思いつつ珍しさに負けて購入。帰りの電車で飲んでみたけど、う〜ん・・・黄色じゃなくてもいいよね?香料もいらないよね?ぶっちゃけ甘くない方がいいよね?って感じだった。甘いジュース類が苦手な私には向いてなかったっぽい。ぷーさん的には想像通りだったらしい。ごちそうさまでした。
posted by しのか at 10:36| Comment(0) | 遊び・旅行・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

タラちゃん!? 〜日光東照宮 補足1〜

 記事を書いているときに、日光二荒山神社と入力しようにも「ふたりさん?ふたるさん?あれ?あれれ?」と分からなくなって混乱してると、ぷーさんが助け舟を出してくれた。

 「タラちゃんが二人いて荒れてるんだよ。タラちゃんの方が、しのかよりも偉いからタラさんって呼ばないとダメだよ。」

 えっ・・・ふたりのタラさん→ふタラさんってことっすか!?馬鹿馬鹿しいやら感心するやら(笑)その後「タラちゃんが二人もいるなんて許せないですぅ〜」「イクラちゃんはバブーしか言わなくてムカつくですぅ〜」と二人でタラちゃんのモノマネをして大笑い。ああ、お腹痛い(・x・;)

二荒山神社へ向かう上新道 ふと疑問が沸き上がってきた。二(ふた)荒(ら)山(さん)ってことは、「荒」を「ら」と読んでるわけだ。そう言えば、益荒男(ます・ら・お)も同じ読ませ方だよね。ん?益荒男の反対語ってなんだっけ?う〜ん・・・なんたらやめ?「たおやめ」だっけ?

 寝る直前にそんな会話をしてたもんだから、もう気になって気になって(笑)パソコンは電源落としてたから、iPhoneでちょちょいっと調べてみると、手弱女(たおやめ)で合ってた!私の記憶も捨てたもんじゃないな( ̄ー ̄)

 それにしても「荒(ら)」の読み方の由来は何だろうか。荒神から来ているんじゃないかと言うのがぷーさんの意見。荒神って聞くとスサノオノミコトをイメージしちゃうけど・・・結局、二人ともそれ以上の知識を絞り出すことができず(>_<)悶々としたまま就寝。

二荒霊泉 今朝になってから漢和辞典やWikiなどで調べてみた。「荒」に「ら」と言う読み方は見当たらなかった。学生時代に習った益荒男振り(万葉集)と手弱女振り(古今和歌集)以外の情報もほとんどなく、それ以上の由来を知る術はなくなってしまった。言語学者さんなら分かるのかなぁ?悔しいわ。

 荒神については、悪神の一種で三宝荒神信仰の信仰対象であることまでは何とか辿り着いた。残念ながら、読み方は「あらがみ」ではなく「こうじん」。火の神、竈の神、氏神、道祖神、牛頭天王、スサノオ、山の神、産土神などとも関連性があるようだが、明確に何が荒神なのかは結局分からないままだ。日本の古典伝承にある、和魂と荒魂の対照的な信仰のことで、どうやらインドでの悪神(夜叉や羅刹のような)を祀って守護神とする風習が、仏教伝来と共に日本にも浸透して陰陽師などが広めたもののようだ。

高野槇 ここで二荒山神社に話を戻す。二荒山神社で祀られている神は大己貴命(おおなむちのみこと)・田心姫命(たごりひめのみこと)・味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)の親子3神と少名彦名命(すくなひこなのみこと)、罔象女大神 (みづはのめのおおかみ)なので、予想に反して荒神とは関係がなさそうな感じ。古事記や日本書紀を研究すると色々分かるのかも。すっごく気になるわぁ〜(>_<)中学生のときにギリシャ神話にハマったくらいなので、この手の話は大好きだ。もう一度大学に行けば勉強できそうだけど、さすがに受験勉強をやり直すのは無謀だよねぇ(;^_^A誰か詳しい人がビギナーの私にサラッとレクチャーしてくれないかしら(笑)
posted by しのか at 11:24| Comment(0) | 遊び・旅行・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

3連休中日 〜日光東照宮へ〜

五重塔 早朝から日光東照宮へ行ってきた。天気は雨が降らないギリギリの感じで、少し涼しいくらいだった。東照宮へ行くバスは長蛇の列で、しかも道が渋滞し始めているらしく途中の駅で降ろされる。日光の渋滞の原因の大半は駐車場とのこと。道そのものが渋滞しているわけではないんだね。そう考えると、車で行くのは辞めた方がよさげだよね(;^_^A表参道停留所よりも手前で降ろされたものの、東照宮までは徒歩15分程度だったので、それほど苦には感じなかった。

 沢山の緑が生い茂った中に東照宮は建てられていた。家康を祀るために家光が造替したと言うが、どれだけの時間と費用と労働力がかかったのだろう。最初に感じた印象は、伊勢神宮と少し似ていた。大きな杉が木陰を作り、岩は苔むし、空気が透き通ってヒンヤリしている感じと言えば分かるだろうか。神社仏閣には独特の空気感があると思う。身が清められ引き締まる感じ。

唐門 石鳥居をくぐり抜けて、五重塔を見ながら表門へ向かう。それ以降は見ざる言わざる聞かざるで有名な神厩舎や象の彫刻が目立つ三神庫、手水をする御水舎を経由して陽明門、唐門を見る。眠り猫を通過して奥宮へ行き、戻ってきて御本社、鳴龍の本地堂の順に見て回る。その後、上新道を歩いて二荒山神社に行き、下新道から輪王寺の方を回って神橋へ。ここでやっと昼食をとり、バスで駅へ戻った。

 上記のルートでトータル6時間かかった。歩きっぱなしでかなり疲れたけど、見るもの全てが素晴らしくて本当に行ってよかった!!渋滞や人の多さにイライラしたのも忘れるほど。素晴らしさについては筆舌に尽くしがたいので、自分の目で確かめに行っていただきたい。また日光へ行くことがあれば、是非1泊して華厳の滝と中禅寺湖の方面にも足を伸ばしたいものだ。

神橋 さすがに疲れて、帰路の電車では爆睡してしまった。一日よく歩いたので、寝る前にぷーさんの足をマッサージしてあげた。もちろんちょっぴりお返しを期待する気持ちもあった(笑)疲れと気持ちよさでぷーさんが寝てしまい、結局自分自身で足をマッサージするはめに・・・しょんぼり・・・(´・ω・`)
posted by しのか at 23:42| Comment(0) | 遊び・旅行・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

もしかして初!?

 早朝から栃木県の日光へ行ってきた。行ったことがあるような気になってたけど、実際見てみると初めてな気が・・・(・x・;)今日は歩き疲れたので詳細は明日以降にでも〜
posted by しのか at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

ここ2ヶ月のこと

 つい先日、人生2度めの手術したのですが、日帰りだったこともあり予後もよく、のんびりと静養しています。術後はぷーさんに家事を任せ、楽させてもらいました。ありがたや〜ありがたや〜(・∀・)

両親をおもてなし 6月は意外と予定が盛りだくさんで(笑)友人が出張ついでに泊りに来てくれたり、両親が泊りに来たり。どちらも平日の訪問だったので私の手料理だけでしたが、楽しい時間を過ごせました。実は父がうちに来るのは初めてでした。手術を受ける私を心配して、時間を作って来てくれたのでしょう。いつも心配ばかりかけているなぁ・・・反省(>_<)

ぷーさんのBIRTHDAYご飯 そして6月にはぷーさんと私の誕生日もあり、それぞれ1つ年をとりました(´・_・`)ぷーさんの希望でチラシ寿司を作ったのですが、とても好みの味に仕上がっていたようで味も見た目も褒めてもらえて嬉しかったです。すし飯に鮭のほぐし身とミョウガ・大葉・甘く煮たシイタケを入れたのがポイント高かったみたいですd(>_< )頑張った甲斐あり!!

 友人へ朗報です!今までお泊りできるのは1名までと言っていましたが、寒い時期でなければ2名まで受け入れOKなのが判明しました(笑)また遊びにおいで〜待ってるよ♪
posted by しのか at 11:37| Comment(4) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの更新

 シマちゃんがいなくなってから、何となく更新する気がなくなってしまい放置していました。その後、新たに生まれた黒猫のジジを両親は可愛がっていたようですが、やはりシマちゃんと同じように交通事故で亡くなりました。外で猫を飼うことの難しさを痛感しています。

 家の中で飼えないのであれば、エサを与え住処を用意することはしてはならないことだと私は考えています。もちろん避妊手術はしているのですが、母猫は懐くまでにかなり時間がかかり、結局ジジを産んだ時点では手術できていません。手術そのものも人間の勝手だと言う考え方もありますが、野良はやはり可哀想な環境にいると思います。

 十分なエサもなく、安住の地もない。顔つきをみればすぐに分かります。シマちゃんとクマちゃんは生まれたときから実家にいて、保護を受けているので顔つきが穏やかですが、母猫のチビはとても険しい顔をしていました。両親を信頼するようになってからは、すっかり穏やかな顔つきになっています。でもこの子達がラッキーな猫なのではなく、野良がいなくなることが一番いいと思います。

 野犬は危険だと判断され、保健所で駆除されることが多い反面、野良猫は危険と思う人はほとんどおらず可愛いと言われます。だからと言って、増えるのは困るのです。誰が避妊手術代を負担するのかと言う問題もありますが、可哀想な野良猫を増やさないように手を尽くせたらいいですね。
posted by しのか at 10:32| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

シマちゃん、ありがとう

 ボチボチGW中の記事をアップして写真を載せようと思っていた矢先に悲しい出来事がありました。シマちゃんが交通事故にあって亡くなりました。つい今しがたのことです。

 シマちゃんは少し人見知りで、おっとりした性格の子でした。先日、私が世話をしに行ったときも、足元に擦り寄ってくるチビやクマと違い、少し離れた場所から様子を伺っていました。当然、なかなか写真も撮らせてもらえません。やっとのことで撮れた1枚が、私にとって唯一の思い出になってしまうとは思いもしませんでした。

 母はまだ暖かくて柔らかいシマちゃんを抱きしめ、父は残されたチビとクマを抱きしめているようです。外の子達は自由がある分、多くの危険に晒されています。室内飼いのように守ってやれないのが悲しいです・・・

ありし日のシマちゃん まだ1年ちょっとの若いシマちゃん。実家に帰ってももう会えないなんて・・・シマちゃんの冥福を祈って写真を載せたいと思います。太陽を背にシャッターを切る私を、眩しそうに見つめているシマちゃんです。


 シマちゃん、ありがとう。
posted by しのか at 21:18| Comment(1) | I LOVE "ME" | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sweet & Sweet

 実家に帰省してたときの写真がやっと整理できたので更新しようかな(笑)5/2〜9の日程だったんだけど、こんなにゆっくり実家に戻ったのは久しぶりだった。5/5〜12に両親がイタリア旅行すると言うので、例のごとく猫ちゃんたちのお世話をしに帰ったのだ。今回のGWはぷーさんもお休み取ってくれたので、思いがけずゆっくりできた。

都路里でパフェ 5/2の朝に関空に着いて手荷物を父に預けた足で、そのまま京都へ向かう。友人と3人で京都をぶらぶらしようと思っていたのだが、予想外に寒く雨が降る悪天候(;^_^Aとりあえず、ぷーさんが行きたがっていた都路里で真昼間からパフェを食べる。私以外の2名は抹茶たっぷりのパフェを選択。元々パフェは食べない私だけ、量が少し少なめな抹茶ムース。美味しかったけど昼食前に食べたから、やっぱり持て余してしまった。茶そばにすればよかったなぁ〜その後、順序が逆になった昼食をとる。そこでまたモンブラン食べちゃったけど(;^_^A

マールブランシュのモンブラン 本当は清水寺や三十三間堂に行きたかったんだけど、雨降りすぎだし寒すぎ!!ずっと夏日が続いてたのに、なんで急に寒くなるかなぁ・・・ヾ(`◇')ノ準備していた服装ではとても快適に過ごせないし、風邪を引いてしまうよ。観光は諦めて、食べて話して夕方には解散。どうせ4日にも会うことになってたしね(笑)

 そういえば、今朝は金環日食があったねぇ〜キレイだったね!こんなに広範囲で見れたのは平安時代以来で932年ぶりだそう。次に日本で見れるのは北海道で18年後、東京で次に見れるのは300年後だとか。6月6日には太陽の前を金星が横切るらしく、今年は天体ショー当たり年なんだってさ〜でも去年から天災も当たり年だよね・・・自然を前にして人間は無力ですな。
posted by しのか at 13:57| Comment(0) | ティー&デザート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。